老化予防に最適なアンチエンジングは美容外科を利用

それぞれの言葉の意味

女の人

ケアの種類には違いがある

ここ数年のコスメの携行から、保湿をメインとした商品が多くなりました。そして、テレビや雑誌、広告等で聞いたり見かけたりすることが多くなった言葉に「アンチエイジング」があります。日本語に訳せば、「加齢に逆らう」ということで、若返るという意味になるでしょう。しかし待って下さい、そのアンチエイジングと言う言葉、間違いなく頻繁に聞いたり見たりしていますか。本当に聞いたり見たりしているのなら、それはどんな商品の広告でしょうか。実はこの「アンチエイジング」という言葉には、適切に使用できる対象というものがあるのです。例えば、一般的な化粧品には薬効成分が配合されておらず、医薬品や医薬部外品のような肌細胞を若返らせる効果はあまり見られないことが多いです。では、どのような商品ならこのアンチエイジングという言葉を使うことができるのでしょうか。それは、認証で見極めることができます。例えば、医療機器として国内で認証を受けている美容機器や、薬効成分を配合していて肌の状態を回復させたり改善したりする効果が認められている医薬品や医薬部外品ならば、アンチエイジングという言葉が用いられます。一方、化粧品ではアンチエイジングに近い意味の言葉で「エイジングケア」という言葉が好んで使われています。医薬品や医薬部外品が必要な多くの場合は、ドラッグストアに出向いて医薬品や医薬部外品と表示された商品を購入することになります。そして、その場合は薬剤師や指定販売員に商品についての説明を受ける必要がある場合があります。さらに、第1類医薬品に指定されていた場合は、指定販売員では販売できず、薬剤師が不在の時は購入できないようになっているという特徴があるのです。いかがですか、アンチエイジングとエイジングケア、今までどちらに多く接していましたか。また、使用できる言葉が違う商品で、販売側の対応もこれだけ違ってきます。歳相応に歳をとるために行う「エイジングケア」というもう一つの言葉にも注目し、適したクリニックや化粧品選びを実施していくと良いでしょう。

Back to Top