老化予防に最適なアンチエンジングは美容外科を利用

肌を若返らせる治療法とは

美容整形

美容外科で行う施術の費用

美容外科で行えるアンチエイジング治療は、例えばボトックスやヒアルロン酸の注射、ケミカルピーリングなどです。ボトックスとはボツリヌスからできる物質を用いた薬品で、注射すると筋肉の働きを弱らせる効果があります。そのため目じりや眉間など、表情筋の動きと一緒にできるシワを取るためによく使用されます。また、肌にハリを持たせるため少量のボトックスを注射する「マイクロボトックス」もよく行われます。ボトックス注射の費用は一回当たり1〜5万円が相場で、効果の持続期間は数か月ほどです。ヒアルロン酸は本来人間が持つ保湿成分ですが、加齢と共に減少することでハリのない肌や深いシワができてしまいます。そのためアンチエイジング用化粧品にも頻繁にヒアルロン酸が配合されるほど美容業界では注目されています。しかし、ヒアルロン酸を補充したい部分は肌の奥にある真皮という部分で、肌表面にヒアルロン酸を塗っただけでは十分な効果を得ることができません。そこで、美容外科のアンチエイジング治療では真皮に直接ヒアルロン酸を注射します。即効性が高く、肌トラブルの原因を根本から解消するため様々な悩みに効果を発揮するのが特徴です。注射液は1本単位で価格が設定されており、1本当たり4〜6万円が相場です。また、効果は1年ほど持続します。ケミカルピーリングとは、肌に酸性の化学薬品を塗って古い皮膚を剥がす治療法です。例えば年齢とともに現れる紫外線の蓄積によるシミや、毛穴の黒ずみ、くすみの解消に効果があります。肌には古い皮膚を排出して新しい皮膚に生まれ変わらせる「ターンオーバー」という機能が備わっていますが、この機能は年齢とともに衰えてしまいます。そこで、アンチエイジングとして人工的にターンオーバーを促進して肌状態を若返らせるのがケミカルピーリングです。費用は1回1〜2万円程で、2週間〜1ヶ月おきを目安に繰り返すと効果的とされています。自宅でも行えるケミカルピーリングキットも販売されていますが、肌に合わないとかえってトラブルを悪化させてしまう可能性があります。そのため、もしもの場合のアフターケアも期待できる美容外科での施術がおすすめです。

Back to Top